塗るだけでイボが取れるオイル

塗るだけでイボが取れる?!アンミオイルの効果と評価

老人性イボは年寄りの象徴ではない!【20代で出来るイボとは?】

老人性イボは年寄りの象徴ではない!【20代で出来るイボとは?】



老人性イボは、名前に「老人」と表現されることから
年齢をある程度重ねると出来るもので若い人はならないと
そう思い込んでいる人も多いようです。


しかし、実際には早い人で10代からイボができる人もいて
一定の年齢にならなければ出来ないということはないんです。


確かに、老人性イボは80歳以上の高齢者の
殆どの方に見られると言われていますが
老人性イボになる原因を、まずは解説してみましょう。


老人性イボが出来るのはなぜ?


多くの老人性イボは、紫外線による影響で
出来る場合が多く、皮膚の一番上にある表面で
メラニン色素が作られますが、このメラニン色素は
皮膚の表面よりも内側に紫外線が届かないようにブロックしています。


巷で言われる「肌のバリア機能」というやつですね。


このメラニンは肌のサイクルによって皮膚の表面に押し上げられて
角質とともに、垢として排出されています。





肌のサイクルとは新陳代謝の事で
古い皮膚が剥がれて新しい皮膚にかわることを言います


しかし、年令を重ねることによって
肌のサイクルが遅くなり、長年に渡り紫外線を浴び続けることで
排除できないメラニンが少しずつ蓄積していってしみとなって残ります。


こうした紫外線の影響でできたシミを
「老人性色素斑」と呼ばれています。


紫外線によるダメージによって
角質が厚くなって膨らんでいきイボが出来ます。


老人性イボは、60歳で80%の人が出来ると言われています。


ただ、10歳~30歳で老人性イボが出来た場合は
遺伝によるものと考えて良いでしょう。


老人性イボを予防することは出来るの?


老人性イボを完全に予防するのは難しいですが
イボができにくい肌にすることは可能です。


紫外線のダメージが大きく影響されるのが
肌の乾燥で、肌が乾燥していると
紫外線を敷設溜めのバリア機能が衰えてしまいます。


なので、肌に保湿を与えることで
肌にバリア機能を強化できるので
紫外線の影響を限りなく少なく出来ます。




肌のバリア機能を限りなく上げるための保湿や
老人性イボに効果的なのは「杏仁オイル」が一番と言われています。


なぜなら、杏仁オイルは肌に保湿を与え
紫外線を肌の表面よりの内側に紫外線が届かないように
ブロックするためのバリア機能が強化されやすいからです。


また、杏仁オイルは肌を柔らかくする効果もあるため
現に出来ている老人性イボも消し去ることも可能です。


杏仁を入るを主成分としたアンミオイルは
他の杏仁オイル配合の製品よりも安いので
一度、試してみるというのも良いですね。



カテゴリー

アンミオイルの効果

アンミオイルの口コミ

アンミオイルの販売店

老人性イボの原因とケア方法

杏仁オイルの効果

PR