塗るだけでイボが取れるオイル

塗るだけでイボが取れる?!アンミオイルの効果と評価

イボと見た目が似ている腫瘍(しゅよう)4つに注意!

イボと見た目が似ている腫瘍(しゅよう)4つに注意!



イボと見た目が似ている腫瘍(しゅよう)は
4種類ありますが、その中には悪性のものや
「ガン」の前兆となるものも存在しています。


腫瘍(しゅよう)とは一般的に
体の表面や体の中にできて
固まりとして触れることが出来るものを言います。


老人性イボとよく似た症状の
腫瘍(しゅよう)を4種類紹介していきます。


老人性面皰


老人性面皰(ろうじんせいめんぼう)とは
加齢によって出来る黒ニキビは最も男性の高齢者に多いと言われています。


老人性面皰は炎症を起こす全段階のニキビで
痛みやかゆみなどは出ません。


老人性面皰は悪性ではないので
治療を行わない人がほとんどです。


杏仁オイルを使うと治ると思いますが
イボとは違うので治るのはイボよりも遅いかもしれません。


日光角化症



日光角化症は、長時間日光を浴び続けていると出来る
皮膚の腫瘍(しゅよう)の一つです。


見た目は老人性イボに似ていることが多く
高齢者に出来やすいともいわれています。


ガンの全段階で、放っておくと
皮膚がんに移行してしまう危険性があります。


杏仁オイルを主成分としている
アンミオイルは、そうした日光角化症などを
予防をする効果があります。


しかし、日光角化症と思われる場合は
皮膚科に相談をしてみると良いでしょう。


基底細胞癌


基底細胞癌は、皮膚がんの中でも発症率の高い
悪性の腫瘍(しゅよう)で、転移する可能性は低く
低悪性度なので良性腫瘍と捉える医師もいます。


除去をする場合は、手術で患部を摘出します。


杏仁オイルを主成分としている
アンミオイルで基底細胞癌を治そうとしても治らないので
治療を受けるのが賢明な判断といえます


悪性黒色腫



皮膚のメラニンを生成している細胞のメラノサイトが
ガン化することによって出来ると考えられている悪性の腫瘍です。


紫外線などによる影響が大きいと言われていて
放っておくと全身に転移してしまう恐ろしい腫瘍です。


最悪の場合は、5年生存率が10%以下になる
とても恐ろしい腫瘍と言われています。


これも、杏仁オイルを主成分としている
アンミオイルでは治すことは不可能です。


アンミオイルを1年続けて塗っても
効果を実感できない場合は悪性の腫瘍の危険があるので
一度、病院で受診をしてもらうことを強くお勧めします。


イボであると断定出来るなら
杏仁オイルを主成分としている
アンミオイルを使うと良いでしょう。



カテゴリー

アンミオイルの効果

アンミオイルの口コミ

アンミオイルの販売店

老人性イボの原因とケア方法

杏仁オイルの効果

PR