塗るだけでイボが取れるオイル

塗るだけでイボが取れる?!アンミオイルの効果と評価

アンミオイルVSイボコロリ【徹底比較】

アンミオイルVSイボコロリ【徹底比較】

VS

市販薬としては、イボコロリは有名な薬です。

アンミオイルに続いてとても素晴らしい薬であり
効果のある製品だとも感じています。


ただ、イボコロリは効果が高いですが
残念な部分がありますのでその辺りを紹介したいと思います。



イボコロリの特徴



イボコロリはアンミオイルに続いてイボに対して
効果の高い製品で名前も知られています。

テレビコマーシャルでも「魚の目、タコ・イボ、イボコロリ♪」って
童謡の「かたつむり」の替え歌でよく流れていたことを思い出します。


イボコロリには、キャップに付属している棒の先に
液体をつけてイボに塗るのですが塗った後に
白い膜になり肌に素早く浸透していくのが特徴ですね。

すぐに乾くし、塗った後にすぐに水仕事が出来たり
入浴をしても良いというのはありがたい話でもあります。



ただ、全身に使うことが出来ないというのが残念ですね。


アンミオイルの特徴



アンミオイルの特徴ですが
杏仁オイルを主成分としています。

アンミオイルに配合されている
杏仁オイルは70%の比率で配合されていて
肌に刺激を与えないような比率になっています。



イボに対して徐々に形状を小さくして
なくしていくのが特徴的ですね。

塗った後は、イボコロリ同様に素早く肌に浸透をしていき
ベタつきも全くないのが特徴ですね。



イボコロリと同じですぐに水仕事や入浴などが可能です。

イボコロリと違う所はアンミオイルは
肌に潤いを与えハリとツヤも与えるという
美肌効果も期待できるという点です。


イボコロリで使用してはいけない部分



・顔面、目の周囲や唇、粘膜など。

・首などの皮膚のやわらかい部分。

・炎症又は傷のある患部。

・水イボ

・老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)

・尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ)

・一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ


アンミオイルで使用してはいけない部分


・水イボ(効果を感じられない)



以上ですが、アンミオイルは1列に並んだイボや
集中的に複数のイボがある部分であっても
時間をかければイボがなくなっていきます。

イボが気になるという人は
アンミオイルを使って見る価値はあるでしょう。



カテゴリー

アンミオイルの効果

アンミオイルの口コミ

アンミオイルの販売店

老人性イボの原因とケア方法

杏仁オイルの効果

PR